話題 PR

「人材開発コーチ」って何?利用するメリットはこんなにたくさん!

記事内にプロモーションを含む場合があります

組織課題の大きな悩みの1つとして挙げられることが多い「人事」。

優秀な人事担当者を1から育て上げるにはかなりの時間がかかりますし、人事経験を持つ優秀な人材を獲得するには多額のコストがかかりますし、採用しても年収がかなり高いです。

「じゃあ、いったいどうすれば。。。」という方に知ってほしいのが「人材開発コーチ」というサービス。

社内の教育担当を外部のコーチに依頼するというサービスです。

これだと、多額のコストをかけて人材担当を採用する必要がないので、コストの縮減も期待できますし、実績と経験が豊富なコーチに依頼することで安心感も得ることができます。

今回は、そんな「人材開発コーチ」というサービスについてご紹介していきます。

 

「人材開発コーチ」とは

先ほど少しご紹介しましたが、「人材開発コーチ」とは企業内の「教育担当者」の業務を行ってくれるサービスのことです。

  • 人を採用してもすぐ辞めてしまう
  • 管理職がなかなか育たない
  • 社員教育制度や評価制度が定まっていない

そんな悩みがある方にはうってつけのサービスです。

上記のような悩みを持つ企業に対して、人材育成経験豊富なスペシャリストがコーチングを行います。

 

「人材開発コーチ」のメリット

人材開発コーチを使うメリットは、ただ単に「人材教育をしてくれる」ということだけではありません。

以下のような魅力的なメリットがたくさんあります。

  • コストが圧倒的に安い
  • 経営計画の策定などを依頼可能
  • 職務等級や給与体系なども依頼可能
  • 専門知識と経験が豊富なので安心
  • コアビジネスに集中できる
  • 客観的な視点で人材開発をサポートしてくれる

 

コストが圧倒的に安い

経験が豊富で優秀な人材担当を自社で採用しようと思ったら、とてつもないコストがかかりますよね?

「人材募集に関する費用」「人材獲得後の年収」この2つだけでも莫大な費用になることは容易に想像できると思います。

「人材開発コーチ」を活用すれば、そんな莫大な費用を軽減させることができます。

 

経営計画の策定などを依頼可能

ただ単に「人材教育をするだけ」という人材開発コーチもいるかもしれませんが、今回ご紹介する人材開発コーチは、「経営計画の策定」などもお願いすることができます。

「現場のみに焦点をあてた人材開発」
「経営計画を含めた人材開発」

どちらが会社にとって効果的な施策かは一目瞭然かと思います。

 

職務等級や給与体系なども依頼可能

人材の開発に当たっては、今後の職務等級や給与体系もしっかりと決めていかなくてはなりません。

今回ご紹介する人材開発コーチは、職務等級や給与体系についても依頼可能なので安心です。

 

専門知識と経験が豊富なので安心

あまり現場を知らない人材開発コーチにお願いしても効果はあまり見込めないかもしれません。

今回ご紹介する人材開発コーチは、

  • 研修講師とし10,000名以上の人材育成を経験
  • 事業再生や人事部構築、人材育成コンサルとして20年もの経験を積んでいる

という経験豊富な方です。

なので、現場教育から経営の部分まで安心して相談することができるでしょう。

 

コアビジネスに集中できる

人材育成に注力すると、それだけコアビジネスから意識を削がなくてはなりません。

それは非常にもったいないことなので、外部に依頼できることは依頼して、しっかりと自社のコアビジネスに注力できる環境を構築していきましょう。

 

客観的な視点で人材開発をサポートしてくれる

外部のコンサルだからこそ、客観的な視点でサポートしてくれます。

自社の人間だと、どうしても忖度や主観的な視点が発生しますが、外部のコンサルだと客観的に適切な視点でサポートしてくれます。

 

おすすめの人材開発コーチ

今回記事執筆の参考にさせていただいた、おすすめの人材開発コーチはこちら。

https://consultantmac.com/coaching/

内容を拝見しても、とても信頼できそうな内容なので、ぜひ一度ご覧になってみてください。

毎月10社限定で無料相談会も受付中だそうなので、まずは相談するところから始めてみましょう。